初心者でもできる筋トレ!無理なくできる女性向けの簡単筋トレ。

ダイエットに筋トレが大事という考えは皆さんもっているとは思いますが、実際にどの様な筋トレをしたらいいのかがわからない人はおおいのではないでしょうか?

ダイエットは体重を減らすことはもちろんですがカロリーを上手に減らすことや脂肪を燃焼させることが大事になってきます。

バストアップなどでも筋肉がなれば胸が流れてしまうように筋トレは非常に大事です。

そして大事なのは、女性のための筋トレを選ぶことになります。

ダイエットに有酸素運動ではなく筋トレがオススメな理由

ダイエットと筋トレは大事な関係にあるのはわかるけれども、有酸素運動よりもなぜおすすめなのか?

有酸素運動は基本的に20分以上継続して行うことが前提になり、内容も女性にとってはハード者が多いです。

有酸素運動は運動している時間だけに効果が出るものであり、それ以外の時間の効果は期待できません。

また、同じカロリーを消化するにも有酸素運動は筋トレの約3倍の時間が必要になります。

有酸素運動は毎日の継続が大事になりますが、女性は貧血や生理などで継続が難しいことも多く中々思うように有酸素運動を継続できないのも事実です。

筋トレは無理なく続けることが大事であり、特に女性は最初からハードメニューなどは体が対応できないので、軽い筋トレを続けていくことが大事になります。

筋トレは基礎代謝が上がる

筋トレのおススメの部分の一つが基礎代謝の向上になります。

基礎代謝が上がることで睡眠時などにもカロリーの消費などが行われるようになり、痩せやすい体を作ることにも繋がっていきます。

基礎代謝が上がることで血液の流れなども活発になり、体温なども保持しやすくなります。

血行不良などが起こしてしまう冷え性はダイエットはもちろんですが美容などでも大きなマイナス効果を生み出してしまいます。

筋トレはこれらを解消する手助けにもなり、体全体が痩せやすく、健康的な美しさを作れるにしてくれます。

筋トレの効果は48時間

筋トレの効果はアメリカの研究チームによれば、48時間持続するというデータが出ています。

これは代謝が上がる時間が持続できているとういう状態であり階段の上り下りなどでも筋トレにつなげることができる時間にもなります。

筋トレの前に一駅あるく、コンビニまで歩く、階段を上り下りするなどがおすすめされるのは基盤として筋トレや運動に抵抗を無くしていく効果もあります。

また、習慣や気分転換にとりいれることで筋トレを少し休んでいてでも軽い運動で代謝を維持することができるのも筋トレの良い部分いえます。

むだのない時間を作る

基礎代謝が上がることで軽い散歩でも立派に燃焼につながっていきます。

睡眠中や入浴時、日常生活でも痩せやすい体にすることで総合的なボディメイクに繋がっていきます。

>>目次へ戻る

筋トレをすることによって得られる効果とメリット

筋トレによるメリットは何と言っても体脂肪の減少になります。

筋トレは脂肪を燃焼させて筋肉に変えていくことと、体脂肪を落としている時期は一見すると体重の減少はなくむしろ少し増えていることがあります。

これは筋肉の量が増えていることで起きる現象であり、頭では分かっていてもどうしても気にしてしまう人も少なくありません。

筋トレをダイエットに取り入れる際には2ヵ月を目安にすることでトータルでの減量はもちろんですが、体脂肪なども減らしてより綺麗なボディメイクにつなげやすくなります。

>>目次へ戻る

ダイエットにおすすめな筋トレのメニュー

ダイエットにおススメの筋トレはいくつかありますが、大事なのは無理なくすることができるものになります。

筋トレには超回復論などもありますが、女性のダイエットの場合は筋肉を傷つけるものはあまりおススメではありません。

フルスクワット

足を肩幅開きに膝とつま先が前にむくようにし、腰をゆっくりと落としていきます。

スクワットは様々な種類があるので取り入れやすいものでもありますが最初からフルスクワットはちょっと体にもきついかもしれません。

そんな時はバーやカウンターコーナーをまっすぐ伸ばした手でつかみそのまま肩幅に足を開いて腰を落としていきます。

これでもスクワットに近い効果になり、スクワットの感覚を掴みやすくなります。

慣れてきたら頭の後ろや胸の前で手をクロスさせて腰を落としていくようにしてフルスクワットに移行していくのがおすすめになります。

チェストアイソメトリック

椅子に座ったままできる筋トレです。

胸の前で手を合わせて合掌の形にします。そのまま肘を外側にまげて背中が丸まらないようにしながら15秒キープになります。

チェストアイソメトリックはそのポーズのまま左右に重心を移しながら体をひねることで肩甲骨のストレッチも一緒に行うことができます。

肩甲骨のコリなどにも効果があるので肩こりや背中のコリに悩む女性にも嬉しい筋トレの一つなのと、椅子に座ったままできる、15秒でOKという手軽さなので休憩やリラックス効果、軽いストレッチとして取りいれたり、筋トレの入門として行ってみるのもいいと思います。

おしりストレッチ

椅子に座ったままできる筋トレとストレッチになります。

椅子に座り片方の膝の上に足首を乗せ、そのまま載せたほうの太ももに手をついて体を前に倒していきます。

これはおしりの筋トレとストレッチの両方を一緒にできるのと、おしりのコリや股関節のコリなどに悩む女性にもおススメになります。

前に体を倒して30秒キープを左右交互に繰り返すだけで中々小さくならないおしりの筋肉を鍛えることはもちろんですが、ヒップシェイプアップとコリの緩和にも繋がっていくので女性におススメの筋トレになります。

おしりから太ももの気になる部分にびしびしと効いているのが体感できるのはもちろんですが、おわった後の爽快感すっきり感なども含めて初心者でも簡単にできる筋トレの一つと言えます。

床に座った状態でも同じことができますが椅子に座った状態で行うことで負荷を自然にあげることができ、おしりや太ももはもちろんですが背筋や肩甲骨、ウエストにも効果が出てくるのでオフィスでの軽い息抜きにもおススメになります。

空中自転車こぎ

床などに寝た状態であおむけになり膝を立てて手は頭の後ろで組みます。

そのまま自転車をこぐように足を左右交互に前に出していきます。

これを30秒ワンセットで3セットほど繰り返すだけでも筋トレとしてのこうかがでてきます。

空中自転車こぎはフロアなどに寝てやることも大事ですが、寝る前にベッドの上で簡単に執り行うことができるのも女性のダイエットにおススメの部分になります。

入浴前などに行えば睡眠中のカロリー消費や脂肪の燃焼にも繋がりやすくなりますし、朝起きがけにおこなうことで体を簡単に温めることができるので一日のエネルギーを作りやすい体にもなります。

空中自転車こぎは自宅で簡単にできる筋トレであり、道具なども必要ありません。

初心者がダイエットにとりいれるにもおススメであり、背中の筋肉などにも効果が期待できるので全身の引き締めにつながっていきます。

ウエストツイスト

仰向けになり膝をたてます。

そのまま息を吐きながら腹筋に少し力を入れながら体を起こし、ひねりを入れていきます。

左右にひねることワンセットにし、息を吸いながら上半身を落すまでを行います。

1日10セットが理想ですが、実はこのウエストツイストは慣れてくるとテレビを見ながらできるようになります。

ウエスト周りを絞っていく筋トレになるので自宅で簡単に始める女性向けの筋トレとしておすすめになります。

筋トレに大事なことは無理をしない、日常にできること

筋トレはジムなどに行けばたしかに効率的です。

ですが女性のダイエットの場合はまず初心者の筋トレと同時に固まっている筋肉をストレッチできるものを選んでいくことが大事になります。

ここで紹介した筋トレは自宅や空いた時間で出来るもの、オフィスなどで軽いストレッチとしてもできるものがメインになっていますがこれらも定期的に取り入れることで立派な筋トレになります。

ある程度の筋肉量や基礎代謝の改善が出てくることで階段の上り下りなどが苦痛ではなくなり、もう少しメニューを重いものにしてもいいかなと考えられるようになります。

ジムなどはその際にとりいれることでむだのないメニューを出してもらえるようになるのと、筋トレも効率よくできるようになります。

>>目次へ戻る

『初心者でもできる筋トレ!無理なくできる女性向けの簡単筋トレ。』のまとめ

ダイエットにおススメの筋トレは自宅で出来るものや気軽にできるものはもちろんですが、同時に普段使わない筋肉をほぐせるものなどが大事になってきます。

特に女性の場合は生理の前後で体温もアップダウンが大きいので、筋肉が固まりやすい状態が出てきます。

鍛えることはもちろんですが同時に普段使わない部分をほぐすこと、その際に筋肉を傷めないこと、簡単にできて心地よさを感じられることなどが継続しやすい筋トレです。

ここで紹介させてもらったものはすべて道具などは一切必要ありません。

まずは筋トレになれること、筋肉をほぐすことをデイリーライフに入れていくことが大事だからです。

初心者がダンベルを買っても継続できないことはもちろんですがお金の無駄になってしまうことも珍しくありません。

上記の筋トレはダンベル購入前になれていくことで、ダンベルを使用した際にも無駄にならずに続けることができるようになります。

ダイエットも筋トレも1日や2日で結果の出るものではありません。

1か月、2か月で見ていく必要があるからこそベーシックな筋トレが大事になります。

生理時にも軽いストレッチを行うことで体の冷えなどの改善にも繋がり、負担なく基礎代謝の向上を維持することにも繋がります。

まずは道具を使わずに毎日の中で気持ち良くできる筋トレを取り入れていく。これが女性のダイエットの筋トレとしておすすめと言ってもいいでしょう。

>>目次へ戻る